霊龍基本情報(タイプ)

*)この記事は旧サイトのコンテンツを一部修正したものです。

霊龍のタイプ

霊龍は3系統の能力の振り方によって3つのタイプに分けられる。複数系統の能力を伸ばす複合型も一応可能。

  • バーサーカー:迷宮探索は騎士に及ばず、闘技場は魔術師有利のため不遇。極めれば強いかもしれない。
  • 騎士:体力回復能力があり迷宮探索に有利。
  • 魔術師:激怒の炎が超強力で闘技場で活躍できる。魔術師系の装備を揃えれば手軽に火力が出せる。

霊龍の成長

霊龍はレベルが上がってもパラメータは変わらない。代わりに規定レベルに達する毎に霊龍スキルが解放されていく。
スキル効果はレベルに応じて強化されていき、グループ毎に設定された最大レベルまで伸びる。
また、レベルアップにより能力ポイントを獲得し、3系統の能力ツリーを伸ばすことができる。
(霊龍スキル、霊龍能力の詳細は、データ置き場を参照。)

*)ゲーム内や公式ヘルプでは、スキル(skill)と能力(talent)の用語使い分けが微妙ですが、本サイトでは、自動的に取得する方を「霊龍スキル」、ポイントを振って手動で取得する方を「霊龍能力」と呼びます。

霊龍の能力ツリー

霊龍の能力ツリーは、上段が戦闘系、下段が迷宮探索系(3系統共通)となっている。各能力ツリーには戦闘に使用できる能力が3つあり、能力ポイントを1系統に集中して振れば、最短で27LVで最初の能力を使用できる。2番目の能力は39LV、3番目の能力は55LVで使用可能。

戦闘用能力解説

バーサーカー系

  1. バーサーカーの一撃1:それなりに強い。体力消耗は最大値ではなく現在値の0.5%。
  2. 獰猛なゆりかご:ターゲットに1倍、それ以外には0.5倍の全体攻撃。3匹ガーディアン戦で使うくらい。
  3. バーサーカーの一撃2:バーサーカーの一撃1より+2000ダメージUP。エフェクトは格好良い。

騎士系

  1. 体力回復1:大地の力により体力を回復する。戦闘毎に体力を回復できるため迷宮探索では大変便利。
  2. 鉄の生贄:2ターンの間、物理攻撃無効のシールドを張る。魔法は防げない。シールド中は自分の攻撃も0になるため体力回復と組み合わせないとあまり意味がない。シールド中のダメージ回避は有効。
  3. 体力回復2:あえて言おう、カスであると!体力回復1の方が良いです。

魔術師系

  1. 激怒の炎1:火炎の力で攻撃。魔法攻撃のため相手の防御力無効かつダメージ回避による反撃を受けない。低コストで高火力が出せる。
  2. ドラゴンの恐怖:神秘の力で全体攻撃。3匹ガーディアン戦で使うくらい。
  3. 激怒の炎2:激怒の炎1よりも強いが消費マナが激し過ぎるため使い難い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です